フッ素塗布 札幌市



札幌市手稲区のよこみね歯科では
フッ素塗布をブラッシングの後に行っております。
ご希望の方は 011-685-1188 にご連絡ください。
前歯だけでも大丈夫です。


乳歯と永久歯におけるエナメル質の違い

乳歯、永久歯ともにエナメル質の結晶はハイドロキシアパタイトCa10(PO4)6(OH)2を最小単位として形成されるが、乳歯のエナメル質は永久歯のものに比べ厚さが永久歯より1/2と薄く、結晶粒子が小さく、また含水量が多く(乳歯2.8%、永久歯2.3%)、硬度が低い。化学反応性が大きく、脱灰の影響を受けてのう蝕や、フッ化物による歯質強化を受けやすい。


予防

エナメル質の脱灰の影響や毎日の砂糖の摂取への脅威は大きく、う蝕を予防することは歯の健康を維持し、良質な口腔衛生を保つ大切な方法である。ほとんどの国では、歯ブラシを一般的に使用し、エナメル質上の細菌や食物残渣を減らす事でう蝕を予防している。このほか、デンタルフロス等を使用することもある。
また、フッ化物によるう蝕の予防も各種の方法があり、フッ化物歯面塗布が知られるほか、水道水フッ化物添加は非常に有効であるとされるが、これについては、反対する人もあり、議論がなされている。
歯ぎしり、噛みしめ等によるエナメル質の破壊を防ぐ方法としては、マウスピースや薬物療法などが知られる。

出典:フリー百科事典ウィキペディア


戻る